--------


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2014-11-26


メイキング_22 続・溶剤の事



前回の続きから・・・


用意するのはシンナー、グラス、針金。

 (*この後の実験につきまして一切責任は負えません。
実験する場合は必ずテストピースにて確認し、自己責任の下行ってください
。)

P1070440_2 2014_11_25_1



写真のようにルアーを吊るした時、シンナーに浸からない高さで

グラスに合うように針金を曲げ、シンナーを注ぎ密閉状態にして

シンナーのサウナ風呂に。

この中に乾燥したセルロースを一定時間吊るすことで・・・硬度が下がります。

溶剤につけると急激に形状が変化しようとしますが、

こうすると、溶けるでもなく急激に反応するでもなく、

負荷の少ないスピードでセルロースがシンナーの揮発成分によって

反応していきます。

そのまま24時間放置してみましたが、溶解まではしませんでした。

おそらく一定の状態にまで達したらそれ以上は反応しないようです。


さて実験内容です。

3週間、吊るし台にて完全乾燥(約 室温20度、湿度40~50%)

させたディッピング途中(アルミ貼り後、11回ディッピングしたもの)

のルアーを8本用意。

4本はシンナーサウナ部屋行きで、残りの4本は次回そのままディッピングします。

シンナーサウナ組は3時間放置後、

ピンセットの側面でゆっくりと押してみて跡になるぐらい柔らかくなった事を確認し、
(サウナに入れる前の硬さを確認しておく)

即時セルロースにディッピング。


・・・結果、

サウナ部屋入りの4本はクラックなし。

そのままディッピングしたものは、1~3mmのクラックを確認。

クラックが小さくて写真におさめられなかったのですが確かにクラックが発生しました。

以上の事から、下地に柔軟性を持たせてあげれば

クラック防止に効果が有る事が分りました。


ただし、一点注意したいのが、シンナーの成分含有率です。

この実験にて効果を得たシンナーの成分は

・トルエン50~60%
・酢酸エチル 10~20%
・メタノール 5~10%
・酢酸イソプチル 5~10%

となっています。

ホームセンターで市販されているラッカーシンナー(ノントルエン)

では効果は得られませんでした。トルエン含有率なのかな・・・?


顕著に割れる銘柄(知っている方いたら教えてください・・・)

を使って実験してみたいところですね。


以上、クラック対処実験の報告でした。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

セルロ…やはり相当気を使いますね(^^ゞ…
セルロのほうが1回のディッピングでコーティング剤がが薄くついて、仕上がりがきれいなんですけどね…
クラックの他にも、白濁、色流れ…とハードルが高い…ってのがどうもセルロに踏み切れない理由なんです。

私は最初から最後までウレタンです。

某SNSにてプロのビルダーさんから色々と聞いた結果、ウレタンのほうがメリットは大きいかな~?なんて思い使っています。

にしても、こういう実験をやっちゃうところ…Nanfisherさん、さすがです。

No title

いちさん>

それぞれに特徴があり、それを理解し製作工程を導きだすのに
どれもこれも苦労の連続・・・

目指すものや製作期間・生産数などにより大きく分かれる
ところですかね~

私もセルロを理解し、問題点を克服するのに多大な時間が
掛かってしまいました・・・泣
プロフィール

nanfisher

Author:nanfisher
(株)南安精工が管理、運営するblog。機械切削による渓流用バルサミノーでの釣行を中心に日々を綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
facebook参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。