--------


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2015-08-10


メイキング_26 4cmの行方


ご無沙汰しております。


ところで・・・

生きてますか?

と聞かれるほどブログ放置してしまっていますが・・・

何とか生きております。

御心配ありがとうございます。


せっせことサンプル製作をして、完成したらテストしに川へ行って、
動きを確認したら戻って作り直して・・・

そんな事を繰り返しているここ最近です。


近況報告ですが、

・4cmシンキング
・5cmヘビーウエイト
・7cmシンキング

3モデル同時に進行しています。
(シンキングとは一般的に真水に沈むもの、
ヘビーウエイトとは更に重い物をそう呼称しています。
それぞれの重さの定義はございません。人によっても大分違いますしだいたいです。
市場に出ている5cmヘビーウエイトは、大体5g前後が一般的です。

順にご説明をば。


まず、4cmから。


製作初期段階では重量2.3g設定。

泳ぎもほぼ良いレベルでしたが・・・1点だけストレスを感じる部分が。

それは、昨今人気があるヘビーウエイト用ロッドではあまりにもキャストがシビアすぎる。

5cmヘビーウエイトを使っていて、突然4cm2.3gへ交換すると非常に使いづらい。

パワー的に1ランク下の、軽めのルアー対応のロッドであれば問題ないのですが・・・
(ロッドとは竿の事です。同じ長さのルアーロッドでも
重い物を主体としたものと、逆の物等が存在します。
テスト時には両方のロッドを使ってテストをしています。)


ということで、全て白紙からやり直し。

最も重いもので3.2gまでを段階的に準備し、絞り込んでいった結果、現在2.8g。

それに伴いボディの体積も増加させ、只今調整中。

残す課題は・・・あと少し。

DSC03549_2 2015_08_10_1


4cmにしか反応しない魚が確かにいましたから、なんとか完成させたいですね。


さて、お次は・・・次回!

(いつだ!?)

P1070682_2 2015_08_10_2


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanfisher

Author:nanfisher
(株)南安精工が管理、運営するblog。機械切削による渓流用バルサミノーでの釣行を中心に日々を綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
facebook参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。