--------


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2015-12-11


TRYより~オヒサシブリデス 



プチ クゥクゥ

TRYです。ひさしぶりです。みんな元気ですか?

最近Gundam Build Fighter Tryを見て感動をしました。
あのアニメはとても楽しだと思います。
戦争の話ではなく、ただ少年たちがガンプラバトルで盛り上がっている。
バラバラの個性を持った3人がお互いの力を合わせて頑張っています。

さて、本題です。
今回は黒いマーブルみたいな塗装をやってみたいと思いました。
下地を黒くするのは、後でアルミニウム色を塗るためです。
というわけで、今回は下地を黒にします。
”黒を下地として用意することで、重ねたシルバー(メタリック系)の反射を防げることなく最大限に活かしてくれる下地になるんです!”(Dengeki Hobby 2015年2月より)


Black small

Mr. Color Gx2
ウエノブラック

筆を使って、黒の上で何も考えずにアルミニウムと白をチョンチョンして、色を付けました。

Aluminium.jpg      white.jpg
 Tamiya XF-16          Tamiya XF-2
 フラットアルミ           フラットホワイト

次は蛍光ブルーグリーンを塗装しました。(ちょっと独特な色)個人的に好きな色です。
この色でいっぱい魚を釣れると思います。←( ̄∇ ̄)

Blue Green
Gaia Color
108 蛍光ブルーグリン


結果は光沢すぎる、おもちゃみたい、もっと自然な感じにしたいと思って磨きました。
サンドペーパで光沢をおとしました。
磨いた後に木っぽくなって、マットな感じです。

MAT.jpg

みんなに見せに行った時にうちのご主人様(妻)が”ピカピカの方がいい”と言いました。

なんだとおおおおぅぅぅぅ!!!???Σ(°皿°)

やっぱり意見は人によって変わるね(夫婦でも)。
でもご主人様なので言われたとうりやらないと大変な事になります。
ただ光沢を戻すのはとても大変です。
サンドペッパーいくつも使って、コンパウンドで仕上げなきゃいけないです。
ちょっとブルーだ。しょうがない、ゴシゴシやるしかない!

paper.jpg


ふん?ふん?光沢にするにもいいですね。

GLOSS.jpg


宇宙用ジャハナム とルアーのコラボレーション!

GunWeird.jpg

 ファンキー


仲間の歌舞伎Verと一緒にした(歌舞伎Verはちょっとさみしいでした)

Key.jpg


最後までお読み頂きありがとうございました。
アビエント!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanfisher

Author:nanfisher
(株)南安精工が管理、運営するblog。機械切削による渓流用バルサミノーでの釣行を中心に日々を綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
facebook参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。