--------


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2016-08-19


釣行レポート_89 命豊か


連日各地で猛暑が続いておりますが、

8月もお盆を過ぎ、もう秋もすぐそこですね。



さて、理想のアマゴを求めて開拓へ。


秋口、ダム差しの遡上は確認している河川ですが

居着きアマゴの生息確認の為、下から歩いてみる事に。


崖のような山裾を滑り下り、

透き通る清流に投げ込むと早速綺麗な岩魚が釣れた。

その後も投げるたびに何かしらの反応がある。

岩魚の魚影がすこぶる濃いようだ。

肝心のアマゴはまだ顔を見せないがチビ岩魚を回避しながら慎重に打っていく。


ガンガンの白泡の中にあるちょっとした反転流にヘビーウエイトバージョンを滑り込ませると、

グッと押さえ込まれ、一気に下流の淵まで走っていく。

DSC02324_2 2016_08_19_1


40cmを優に超える山の岩魚。


その後もぽつぽつと綺麗な魚体の尺クラスが飛び出てくる。

DSC02427_2 2016_08_19_2


しっかりと幼魚斑を残した泣き尺。


そして入渓して500mほど歩いたところで、本日待望のアマゴが姿を現す。

DSC02391_2 2016_08_19_3


サイズはさておき、アマゴに会えた事に安堵する。

あとはサイズアップを狙ってぐんぐんと登る。


・・・と、何の変哲もない瀬の肩に入っていた、

先ほどよりは痩せているけれど、こちらも40を超える個体。

DSC02336_2 2016_08_19_4


しかし・・・その後も出てくるのは岩魚ばかり。圧倒的にアマゴの数が少ない。

P1080025_2 2016_08_19_5

P1080012_2 2016_08_19_6

結局、アマゴは8寸程度で打ち止め。




アマゴに関してはもう少し通ってみないと分らないけれど、

これほどに生命豊かな渓がある事が、ただ嬉しかった。


良い岩魚の渓でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanfisher

Author:nanfisher
(株)南安精工が管理、運営するblog。機械切削による渓流用バルサミノーでの釣行を中心に日々を綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
facebook参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。