--------


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  2013-10-13


メイキング_16 3本と1本

50mm、サンド中・・・

P1050703_2 2013_10_12_1

さてお次は40mm・・・と何やらかわいいバイトさん登場。

やる気満々なのでとりあえずワイヤーの切り出しをお願いしてみる。

「だめなら一発でクビだぞ!世の中甘くないのだ。」と脅してみるも・・・

・・・めっちゃきれいに仕事をこなし、「こんなんでいいの?」と・・・

バイト代・・・倍出します。


さておき完成した50mmですが、ルアー交換をできるだけ少なく、

あらゆる状況で使えるオールラウンドな一本を目指して製作してきました。

・・・が、実は50mmでも他に違うモデル、視点を変えたコンセプトを考えていまして。


その一つは、淡水に浮く「フローティングタイプ」です。

完成した50mmは、バルサ材を使った沈む「シンキングタイプ」ですが、

バルサ材の一番の長所である浮力を一番生かせるのは「フローティング」と考えています。

しかも、川一面に藪が被さり投げ入れることすら不可能な場所で、

上流から流し込んでポイントに到達させるにはフローティングでしかできません。


そしてもう一つが・・・

DSC04897_2 2013_10_12_2

「シングルフックでの再設定」です。


現在、ミノーで川釣りをされる方々の中で大きく二分される、

「トリプルフック派」と「シングルフック派」(または混合)。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、何より二分される大きな要因は

「使用される方の考え方の違い」だと思います。

良い・悪いという問題ではなく「考え方」の違いですので、

例えオールマイティなルアーを製作したとしても、それがトリプルフックでの設定だった場合、

「シングルフック派」の方々には受け入れてもらえないのではないでしょうか?

今市場で出回っている渓流用ミノーは、

大体がトリプルフックの使用を前提に作られています。

「シングル派」の方々は泳ぎの変化を心配しつつ、

それでも考え方に従いシングルに交換していると思います。

完成した50mmも例外ではなくトリプルフックの設定で製作しています。

このルアーをシングルフックに交換した場合・・・当然動きは変わります。

「シングル派の方々はトリプルで設定されたミノーを購入するたび

この不安がついて回る・・・」

そう思ったら・・・

「シングルを前提としたゼロからの設定」・・チャレンジでしょう!

といいつつもうテストは進んでいますが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

nanfisherさんこんにちは。

ミノー制作、順調に進んでおられますね。
バイトさんにこんな難解な仕事をさせるとはどMもいいところです(笑)
それでも勘コツのいる作業をこなしてしまうのは、よほど器用な方と見受けます。
治具などがあれば慣れでなんとかなりますが(^^ゞ

シングル・トリプルの考察、とても興味深いです。
トリプルフックで成り立っているミノーをシングル化って非常に難しいですね(^^ゞ
私はというとシングル専用でミノーを作ったことは無く、次のロットではシングルを取り付けたいという段階でストップしてしまっています。

魚へのダメ―ジや掛かりの良さ、バレにくさなどを考えるとやはりシングルが一番かと思います。
私もいつかは「シングル専用」なるミノーを作ってみたいです。

現在行われているテストで、良いセッティングが見つかると良いですね! Mako

Re: No title

Makoさん

こんばんは!

基本的に・・・Sですね・・・
そしてバイト代は倍出しときましたよ~

シングルの欠点が克服できればシングルのほうがいいですよね~

一番嫌なのはネットに入れた後・・・
しかもローリングなんてされたらテンション激下がりです。
もう「キーーー」ってなってますよ。

No title

内緒様

コメントありがとうございます。

長くなりそうなので、メールにて返信させていただきました。

よろしくお願いいたします。

No title

フローティング…私も今シーズン作って使ってみましたが、やはり動きのキレが凄いんです!
これを見てしまうと…あのまま、ど~~にか沈められないか、という欲が湧いてきます(笑)
でも、シンキングではあそこまでのキレ出すのは難しいので、私はダウンクロス→ダウンの場合に割り切って使うことにしています。
(あ、水流の緩いところではアップでも使ってみますけど(^^;;

ボックスの中に3~4個あると心強いです。

フックは…私も(今年から)シングル派です。
理由は…ネットに絡みづらいから&しっかりフッキングできるから、ですね~
(フック代金も安くてすみますしね♪)

長々コメント、失礼しました<(_ _)>

No title

いちさん

フローティングの動きのキレ、すごいですよね!
動かしても急ブレーキで立ち直るあの早さは高浮力の賜物ですね。

>フック代金が安くて・・・
まさに! 雲泥の差ですね!
そして最近シングルフックを作るのが楽しくなってきました・・・(変人?)

長々コメントなんてとんでもないです!
大歓迎ですよ~
プロフィール

nanfisher

Author:nanfisher
(株)南安精工が管理、運営するblog。機械切削による渓流用バルサミノーでの釣行を中心に日々を綴ります。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
facebook参加中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。